横浜の商店街
お買い物はお近くの商店街で!!
トップ ヘッドライン イベント お買い物情報 新製品 人物伝
イベント情報|
安養寺で秋祭り
岸谷商栄会 地域協力し規模拡大
 岸谷商栄会協同組合(海老澤恒夫理事長=人物風土記で紹介)主催の「岸谷・福寿弁財天 秋祭り」が、10月15日、京急生麦駅そばの安養寺で開かれる。時間は午後3時〜8時。入場無料・荒天中止。

 祭りは、岸谷商栄会が、地域への還元や商店街活性化を目的に、もともと縁日として開いていたもの。年に4回実施してきたが、会員数減少などによる人手不足を理由に、3年前から年1回のイベントとして行われている。

周辺約20店が屋台

 今年は地域住民らによる団体「生麦の道100年紀委員会」が協力し、装い新たに弁財天祭りとして実施される。

 祭りには生麦周辺の飲食店など約20店が出店。あなごの天ぷらや海鮮丼、あげパンやカレーなど、各店オリジナルの料理が並ぶほか、ゲームコーナーもある。

 また、生麦囃子保存会や沖縄の三線・琉球舞踊、民謡などが楽しめるステージも用意。安養寺住職による紙芝居も企画されている。

弁財天は七福神の一つ

 安養寺は明応(1492―1501)のころの開創とされる。福寿弁財天は、同寺の寺宝としてまつられ、「近江国竹生嶋天女と同木にて弘法大師御作」と言われるもの。江戸時代には、生麦岸で商売繁盛の神として慕われ、東海道から回り道をする人たちでにぎわいを見せるほどだったという。

 現在では鶴見七福神の一つに数えられ、年始には多くの住民らが参拝に訪れている。

会場となる安養寺
【タウンニュース鶴見区版・平成29年10月12日号より転載】
[お楽しみイベント情報一覧]
ログイン
利用可能店舗のご案内
横浜市内共通商品券が利用できるお店の紹介です。
横浜市商連機関紙
年4回発行される、横浜市商連の機関紙の一覧です。創刊号から全号閲覧できます。
横浜市が進めている健康づくり事業に、歩数計の読み取りリーダー設置店として商店街も協力しています。
よこはまウォーキングポイント事業は、40歳以上の横浜市民の方に歩数計を持って楽しみながら健康づくりを進めていただく事業です。