横浜の商店街
お買い物はお近くの商店街で!!
トップ ヘッドライン イベント お買い物情報 新製品 人物伝
ヘッドラインニュース|
ヘッドラインニュース
尻手商店街カルタ製作
 矢向小学校6年3組の児童33人が、尻手銀座商店街のカルタをこのほど制作した。カルタ製作は、昨年から尻手銀座の活性化をテーマに学習してきた児童たちの集大成。尻手銀座の店主らは、「かつての賑わいを取り戻すため、もう一度がんばらなきゃ」と、児童の取組から力を得ている。
感謝の気持ちを歌に
 地域の人たちに感謝の気持ちを伝えようと、大口台小学校(高根順校長)=大口仲町=の6年生児童77人が2月27日、大口通商店街(渡辺誠理事長)で歌4曲を披露した。録音した音源はCDとして児童にプレゼントされるほか、3月17日までの1日2回、同商店街で放送される。
「リユースびん」で飲料販売
 西区の藤棚一番街で2月13日から、資源の再利用を促進するイベント「商店街でリユースしてるってよ!」が始まった。環境省と市資源リサイクル事業協同組合、同商店街が連携して行う全国初の試み。飲料の販売は3月末まで行われる。
生麦の魅力 歩いて発見
 生麦周辺の旧東海道を歩き、地域の歴史や魅力にふれる地元住民主催のウォーキング企画が、このほど立ち上がった。主催した住民らは「ウォーキングを通じて新たな発見に出会い、地元に愛着を持ってほしい」と話す。
丸山台商店会が「準大賞」
 上永谷駅前の丸山台いちょう坂商店会(本間泰輔会長)がこのほど、第5回かながわ商店街大賞の準大賞を受賞した。2年前に歩行者天国イベントを始め、昨夏にコミュニティカフェをオープンしたことなどで「今後の継続的な活動が期待される」と評価された。
SNSで商店街情報
 南区役所は区内の商店街情報を発信しようと、専用のフェイスブック(FB)ページを開設した。
情報交換会で絆深める
 都筑区商店街連合会(栗林一夫会長)が12月7日、新横浜グレイスホテル(港北区)で情報交換会・懇親会を開催した
イルミ前でXマスライブ
 鶴ヶ峰まちかど広場で11月26日、イルミネーションイベント「SHINING SNOW ISLAND」の一環として「記念ライブ」が開催された。鶴ヶ峰商店街協同組合(近藤二義理事長)主催。
義援金を熊本へ
 熊本の復興に役立ててもらおうと、大口通商店街協同組合(渡邉誠理事長)は11月21日、組合員である藤代哲夫市議を理事長代行に任命し、義援金20万円を澤田昌作(よしとも)熊本市議会議長に手渡した。
ビル屋上に憩い場手作り
 上星川地区の活性化を進める有志団体「FM上星川」(天野進一代表)が主催し11月23日、来年夏に開業するパン屋が入るビルの屋上を地域のコミュニティスペースとして活用するアイデアを話し合うワークショップが開かれた。
弘明寺に「冬の桜」
 弘明寺商店街(長谷川史浩理事長)による大岡川プロムナードの桜のイルミネーション点灯が11月26日から始まった。
発足20周年祝う
 仲町台商業振興会(渡辺幸雄会長)が発足20周年を迎えた。これを記念して11月11日、地元の「炭火焼肉 横浜ニュートン仲町台本店」で開かれた祝賀会には近隣の学校関係者や町内会員など約80人が駆けつけ、節目を祝った。
ラピス商店会が30周年
 戸塚駅東口ラピス商店会が30周年を迎えたことを記念し、「30周年記念祭 遊歩フェスティバル’16」を10月29日から11月6日まで開催した。
商店街セミナーを開催
商店街のこれからを考えます!
区商連「まちゼミ」を初開催
 まちの商店がそれぞれの専門知識や技術を講座形式で伝えることによりコミュニケーションを図る「まちゼミ」が港南区内の5商店会44店で11月7日から始まる。各商店と消費者の距離を縮めることで新たなファンを獲得し、商店会や街全体の活性化をねらう。
「ミックル」が商店街に
 商店街に、等身大「ミックル」現る――。
道志村の特産など販売
 洪福寺松原商店街(巻島功一理事長)内に9月30日、横浜の水源である道志川が流れる山梨県道志村のアンテナショップ「道志情報館水カフェどうし」が開店した。
丸山台トリゴコロが金賞
 横浜の商店街揚げ物ナンバー1を人気投票によって決める「ガチあげ!」(横浜市商店街総連合会主催)の決勝ラウンドが17日に行われ、区内の丸山台商店会の「トリゴコロ」が「白黒からあげコンビ」で1位となる金賞を受賞した。6年目となるガチシリーズの中で港南区内の店舗が1位に輝いたのは初めて。
ハマあきんどネットワーク事業セミナー 
お店の集客力アップに取り組みたい商店主の方、必見!
来場促進へジオラマ制作
 商店会のピーアールを目的としたイベント「立場フェス」が10月16日(日)、立場センターパーキングで開かれる。午前11時から午後4時まで。雨天中止。
ログイン
利用可能店舗のご案内
横浜市内共通商品券が利用できるお店の紹介です。
横浜市商連機関紙
年4回発行される、横浜市商連の機関紙の一覧です。創刊号から全号閲覧できます。
横浜市が進めている健康づくり事業に、歩数計の読み取りリーダー設置店として商店街も協力しています。
よこはまウォーキングポイント事業は、40歳以上の横浜市民の方に歩数計を持って楽しみながら健康づくりを進めていただく事業です。