横浜の商店街
横浜市商店街総連合会 OFFICIAL WEBSITE
トップ ヘッドライン イベント お買い物情報 新製品 人物伝
ヘッドラインニュース|
イセザキモール1・2St. 商店街で免税店強化
外国人観光客 誘致目指す
 外国人観光客の増加や免税制度の改正による商機を生かしたい―。横浜の一大商店街である「イセザキ・モール1・2St.」では、市内でも先駆的な取組みとして、商店街をあげた「免税店強化」に乗り出している。

 昨年10月の免税制度改正で、家電などの一般物品だけでなく、飲食料品や医薬品、化粧品などの消耗品まで免税対象が拡充した。同商店街で免税店の許可を取得しているのは、約130店のうちユニクロなどの大手チェーンをはじめ、化粧品店や薬局など10店舗。さらに免税店の数を増やしていこうと3月23日、商店街では会員向けの免税店制度相談会を開催=写真。幅広いジャンルの物販店が集まる商店街の特長を生かした「免税店の街」として、外国人観光客に広くPRしていきたい考えだ。

 当日講師を務めた行政書士の小竹一臣さんは「免税店の申請依頼が増えているが、商店街としての取組みは全国的にみても珍しい。外国人旅行者向けのサイトとリンクするなどうまくアピールできれば横浜の活性化にもつながる」と期待を寄せる。相談会に参加した眼鏡店では「検眼など接客の課題がある」、外国人向けの雑貨店では「単価が安い商品が多いので免税規定(購入額1万円超)がクリアできるか」としつつも、「前向きに検討したい」という声が多く聞かれた。

 同商店街では改正以前から近隣在住の外国人による口コミ利用が多かったが、免税店となった店舗は売上アップなどその効果を実感している様子。そのうちの一つ、宝飾店「シマミネ」の島峯伸自社長は「個店で観光客を誘致するのは難しい。商店街全体で取組むメリットは高い」と話す。

 伊勢佐木町1・2丁目地区商店街振興組合の加藤昇一理事長は「イセザキには日本の文化や食、下町の風情が残っているため、外国人にとって魅力ある観光地となるはず。共通ロゴを作るなど、将来的には周辺商店街も含めて免税店を強化し、外国人観光客を呼び込みたい」と話していた。

中国語のポスターで免税店をPRする宝飾店(伊勢佐木町2)

異業種が集まった相談会(3月23日)
【タウンニュース中区・西区版・平成27年4月2日号より転載】
[ヘッドラインニュース一覧]
ログイン
利用可能店舗のご案内
横浜市内共通商品券が利用できるお店の紹介です。
横浜市商連機関紙
年4回発行される、横浜市商連の機関紙の一覧です。創刊号から全号閲覧できます。
横浜市が進めている健康づくり事業に、歩数計の読み取りリーダー設置店として商店街も協力しています。
よこはまウォーキングポイント事業は、40歳以上の横浜市民の方に歩数計を持って楽しみながら健康づくりを進めていただく事業です。