横浜の商店街
横浜市商店街総連合会 OFFICIAL WEBSITE
トップ ヘッドライン イベント お買い物情報 新製品 人物伝
この人に会いたい人物伝|
「本物」のまちづくりを
 ○…「ガス灯に赤レンガ舗道、全てがフェイクではない。歴史と文化、本物の大人の街」と今年150周年を迎えた馬車道の魅力を語る。馬車道から山下公園まで続くガス灯プロムナードの完成に思いを馳せ「ガス灯のあかりを辿って観光地を巡る。ロマンチックでしょ」とほほ笑む。「オールドタウン」をコンセプトに整備された景観は、ヨーロッパの街並みがお手本。百年以上続く老舗や関内ホール・県立歴史博物館などの文化施設が並ぶ商店街を「百貨店を横にしたようなまち」と例える。理事長になって早10年。新市庁舎が建つ北仲地区の開発も見据え「馬車道は伊勢佐木や野毛、元町中華街の間にあり、接点になる場所。活性化する要素は多い」と期待する。

 ○…創業70年を超える「アート宝飾」の2代目。「とにかくアメリカに行きたくてしょうがなかった」と慶応義塾大学経済学部を卒業後、宝石の国際資格取得を口実に、親を口説いて渡米。家業がなければ「南米で牧場をやりたいと思っていた」ことも。その後父が56歳で亡くなり、29歳の若さで会社を継いだ。「記念日はここで」という信頼に、確かな品質で応える。

 ○…「自分でも多趣味だと思うよ」と学生時代に柔道で鍛えた大きな体を丸め、「譜面はよく読めないからコードで」とサラリとピアノを弾きこなす一面も。今は「サックスを習いたい」と好奇心旺盛だ。

 ○…先代が発起人の一人となった「国際仮装行列」(現・ザよこはまパレード)やまちづくりもそっくり引き継いだ。「父もそうだったけど、みんなが良ければいい。カッコよくいえば人のため、ってことかな」と照れながら語る。街の景観について話がおよぶと、図面や資料をテーブル一面に広げて前のめり。「まちづくり?楽しいよ」と満面の笑顔に。全国のモデルになった馬車道のまちづくり協定書は「我々のバイブル」と誇る。手塩にかけて育てた街への愛着もひとしおだ。

【タウンニュース中区・西区版・平成29年10月26日号より転載】
[この人に会いたい人物伝一覧]
ログイン
利用可能店舗のご案内
横浜市内共通商品券が利用できるお店の紹介です。
横浜市商連機関紙
年4回発行される、横浜市商連の機関紙の一覧です。創刊号から全号閲覧できます。
横浜市が進めている健康づくり事業に、歩数計の読み取りリーダー設置店として商店街も協力しています。
よこはまウォーキングポイント事業は、40歳以上の横浜市民の方に歩数計を持って楽しみながら健康づくりを進めていただく事業です。